自治体の結婚支援事業の変質

出会いサポートの今後

これからの課題について

また、「出会いサポート」が協賛団体の幅を広げた後も、「うちは基本的には黒子的な感じで。兵庫出会いサポートセンターがやってて、その中身の運営がうちですというような感じでやってます」とDさんは述べている。Dさんによると、イベント会社が受け入れられるようになっても、「それでもやっぱり表にっているのはもう一つだったみたい」とのことである。

 

以上、「出会いサポート」をめぐる事業関係者にとっての恋愛支援の在り方について概観して来た。その結果、この事業が当初の想定とは異なる状況に直面するなかで、いくつかの点で修正を迫られて来たこと、しかしその事業の在り方は事業にかかわる様々な関係者にとって少なくともマイナスではなく、それぞれの立場にむしろメリットをもたらしていることが明らかになった。

 

特に、兵庫県の結婚支援事業が変質した最大の点としては、出会いを提供するという事業の最も中心的な部分で、民間のイベント会社を受け入れるようになったことが挙げられるだろう。


ホーム RSS購読 サイトマップ